モーニングフルーツティー 300g

¥4,500 税別

在庫あり

モーニングフルーツティー * バイオダイナミック有機EUオーガニック

ブレンド内容: パパイヤ、りんご、パイナップル、イチゴ、ハイビスカス、オレンジ、ローズヒップ

フルーツ ティーは私たちの健康と幸福に影響を与えます。もちろん、フルーツティーの効果は、使用するドライフルーツによって異なります。ただし、すべての品種に当てはまることがいくつかあります。乾燥して熱湯をかけても、多くのビタミンが残ります。また、フルーツティーはノンカフェインなので、お子様や深夜でも気兼ねなく飲めます。

さっぱりとした味わいで、食後の一杯やお子様のおやつのお供に最適です。ビタミンと抗酸化物質の貢献を伴う魅惑的な風味。カフェインを含まないフルーティーで強烈なフレーバーをお探しの方に最適です。

代表的なフルーツの健康上の利点

パパイヤ

抗酸化物質、ビタミン、ミネラルの存在により、多くの観点から健康をサポートするのに役立つパパイヤの特性が得られます。要するに、パパイヤは抗炎症作用、抗酸化作用があり、消化を助け、心臓の健康に役立つため、体に良いフルーツ。

アンチエイジング
特に完全に熟したパパイヤには、細胞の老化から体を保護する能力があることで知られる、抗酸化特性を持つ物質が大量に含まれています。抗酸化食品を定期的に摂取することは、細胞の老化、特に腫瘍や心血管障害が原因であるすべての病気から身を守るのに役立ちます。

心臓の健康
パパイヤは心臓の健康の有効な味方です。パパイヤに含まれる抗酸化物質は、コレステロールの酸化を防ぎます。コレステロールが酸化するにつれて、それは厚くなり、しばしば心臓発作や脳卒中の原因となるアテローム硬化性プラークを形成する可能性があります。さらに、パパイヤは繊維の優れた供給源です。高繊維食は、血中の LDL (「悪玉」) コレステロール値を下げるのに役立つことが示されています。心を守る食生活に欠かすことのできない果実です。

りんご

抗酸化分子などの栄養素が豊富で、グリセミック指数が低く、カロリーが低い(約52 Kcal/100g) ため、りんごの消費量は「1 日 1 個のりんごは医者を遠ざける」ということわざを裏付けています。

減量を促進
豊富な食物繊維と低カロリー摂取量のおかげで、りんごは体型を維持する理想的な味方であり、痩身ダイエットに示されている食品に十分に含まれています。

血糖値をコントロールし、糖尿病を予防
この並外れた特性の原因は、繊維だけでなく、糖の消化を遅くすることができると思われる抗酸化分子の作用でもあり、吸収が遅くなります。

コレステロールの減少と心臓病の予防
りんごを毎日食べると総コレステロール値が低下し、その結果、アテローム硬化性プラークの蓄積が減少することを示すいくつかの研究があります。この作用は特に、リンゴに豊富に含まれる水溶性繊維であるペクチンによって媒介されるようです。

プレバイオティクス作用
リンゴにはペクチンが含まれており、これは真のプレバイオティクスとして作用し、腸内に存在する陽性細菌に栄養を与えて成長を促進し、腸の規則性を維持し、便秘や赤痢などの腸の不規則な状態を改善します。

イチゴ

イチゴは心血管リスクと炎症を軽減し、慢性疾患を防ぎます。イチゴは、その多くの特性のおかげで、民間療法で広く使用されています。特に、イチゴで作られたクリームは傷やさまざまな皮膚病の治療に使用され、イチゴジュースは神経や肺の炎症の場合に使用されます。

心血管保護
LDLの酸化を減らすことができる抗酸化分子の存在は、心血管疾患を発症するリスクから保護します。

腫瘍病理を発症するリスクの低減
ケルシチンやエレギン酸など、イチ​​ゴに含まれるいくつかの化合物は、in vitro で抗癌活性を持ち、細胞増殖を阻害し、結腸、前立腺、口腔の癌細胞の増殖を抑制することが示されています。

神経保護効果
イチゴに含まれるフェノール酸の 1 つである没食子酸は、その抗酸化特性と、酸化ストレスおよび神経毒性に対する神経保護作用で世界的に認められています。

抗炎症効果
最近の研究では、イチゴを定期的に摂取すると、慢性および全身性炎症による合併症を解決できることが示されています。さらに、マウスで行われたいくつかの実験では、イチゴが豊富な食事は神経細胞の損傷を制限することができました。この効果は、イチゴに含まれるフェノール化合物による抗炎症作用によるものです。

抗酸化特性
イチゴは、多くのベリーと同様に、自然界で利用可能な抗酸化分子が最も豊富な果物の1 つです。イチゴに含まれるフェノール化合物は、マロンジアルデヒド(脂質過酸化の指標)の形成を減少させることにより酸化ストレスに対抗し、血液の細胞を DNA 損傷から保護するため、さまざまな慢性および変性疾患を予防するために、実際にそれらの消費が推奨されています。

メタボリックシンドローム

細胞モデルおよび動物モデルで実施されたいくつかの研究では、イチゴが豊富な食事が血糖値を調節し、グルコースの輸送と細胞への取り込みを阻害する能力が強調されています。イチゴ抽出物には、メタボリック シンドロームの患者に典型的な高血糖や高血圧の状態を改善するのに役立つ消化酵素が含まれていることも示されています。

排出・浄化作用

前の段落で見たように、イチゴにはナトリウムがほとんど含まれておらず、カリウムとビタミン C が多く含まれています。

歯へのメリット

イチゴを歯にこすりつけて美白効果を得ることが含まれます。実際、それらの滑らかでない表面は、歯の洗浄作用を持っている可能性があります。イチゴには、歯垢の形成を防ぐ物質であるキシリトールも含まれています。

パイナップル

多く含む成分、特にブロメラインは、パイナップルに多くの治療特性を与えます。

免疫システムをサポート
ブロメラインに存在するプロテアーゼは、さまざまな方法で免疫系を調節することができ、この能力により、さまざまな臨床研究で評価されているように、ブロメラインは抗炎症効果も誘発することができます。

セルライトと水分保持
パイナップルはセルライトと水分保持の場合に利点を提供します。セルライトの場合には、消化と液体の排出の両方を促進するのに役立ちます。

フルーツに関するコラム

[display-posts tag=”フルーツ” posts_per_page=”100″]